地球に優しい太陽光発電

日本は2010年までにCO2を6%削減を目指しますその具体策として発電時の 「CO2排出がゼロ」の

太陽光発電が奨励されています。 今後も増加するエネルギー消費。CO2を排出しないエネルギーの導入は、

今後の重要な課題といえるのではないでしょうか。

 



家計にも優しい 太陽光発電システム

◆発電した電気はすぐに使用できます!!

昼間発電した電気は、まずご家庭の電力として使用可能。当然、その分の電気代はタダ。また、発電できない夜間は各電力会社ごとに太陽光発電にぴったりな電気料金メニューがあります!それらを上手に利用すれば、効率的に電気代を節約することが可能。
雨天時など発電量が足りない場合などは、電気の購入も自動的におこないます。

◆お財布にやさしい~オール電化をプラスで さらにお得

発電した電気が余ったら、電力会社へ自動的に売電。面倒な手続きや作業は不要。 
毎月、電力会社がメーターを検針し、売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。
 太陽光発電で作られた、電気をさらにお得にするのが、「オール電化」今までガスを使っていた給湯やコンロなどを電化することにより、ご自宅で使うエネルギーの大部分を、太陽光発電でまかなうことができます。 基本料金の一本化も可能。
「太陽光発電」と「オール電化」の組み合わせで、ちょっと賢く省エネ生活をはじめてみませんか?

 

環境にもしっかり配慮。太陽光発電システム

 ◆CO2の排出を考慮

私たちが、電力会社から購入している電気は、そのほとんどが「火力発電」によって作られたものです。 そして火力発電は多くのCO2を排出してしまいます。 太陽光で発電する場合は、CO2の排出がありません。 太陽光発電は、地球温暖化の原因のひとつであるCO2の排出量が減らすことができるのです。   太陽光発電がクリーンエネルギーといわれるのはこのためです。   また、現在主に家庭や産業で使用されているエネルギーは石油資源。  この資源も近い将来に底を尽き、エネルギー枯渇という危惧がさけばれています。 新しい自然エネルギーへの切り換えは、いわば社会全体の大きな課題となります。

メンテナンスフリーの利便性!

毎日の特別なメンテナンスなどはいりません。 ただし、鳥の糞や火山灰などが屋根に積もってしまった場合など、発電量の効率が落ちてきた場合は、掃除が必要になります。また定期的な点検等をおすすめします。